2007年8月31日 23:21

インターンシップ:5th day

このエントリーを含むはてなブックマーク

インターンシップ第5日目です。この日は実習最終日で実習の後にまとめを行いました。

午前中は前とはまた別のプラント内を見学しました。

今回のプラントは比較的古く、今まで見学したプラントに対し設備が旧式のものを使っているそうです。特に大きな差はコンピュータによる生産自動化で、端末が古かった、手動操作も多い点などに現れていました。

 

また、午後には最終日ということで今回のインターンシップ全体のまとめを行いました。

やはり、自分が一番感じた、思ったことは、現場だからこそ得られる情報を得ることが出来よかった、ということです。

学校での座学は基本的に基礎および理論や応用であり、理想化した話が多いですが、現場ではそれだけではなく、現実への対応が必要となります。

現実として反応がうまくいかないときがある。だからこそ検査を、現実として設備のメンテナンスが必要である、だからこそ工務を、といったふうに、生産を行うために直面する問題に正面から向き合い解決していかなければならないのだということを実感しました。

また、業務自体のことだけではなく、現場で働いてらっしゃる方々とのコミュニケーション・忌憚なきご意見を聞くのは学校ではなかなか難しいことです。そのような経験をさせていただいた点も、非常に感謝しております。

今回学んだことは工場、会社だけではなく、他の事象にも重要なことではないかと思います。得難い良い体験をさせて頂き本当にありがとうございました!

カテゴリ

関連記事

  1. インターンシップ:4th day
  2. インターンシップ:3rd day
  3. インターンシップ:2nd day
  4. インターンシップ:1st day
  5. インターンシップ:ファーストコンタクト
  6. インターンシップ:前夜

トラックバック

このブログ記事を参照しているブログ一覧: インターンシップ:5th day

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.memorize-being.net/x/mt-engine/mt-tb.cgi/8

コメントする

このブログ記事について

このページは、cottonが2007年8月31日 23:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インターンシップ:4th day」です。

次のブログ記事は「なんかきたッ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1
Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid CSS!
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード