2007年9月 3日 13:58

島みやえい子:奈落の花

このエントリーを含むはてなブックマーク

8月22日に発売された島みやえい子の2ndシングル、奈落の花を購入しました。

CDタイトルにもなっている曲「奈落の花」はTVアニメ「ひぐらしのなく頃に解」のオープニングテーマです。

「ひぐらしのなく頃に解」は同じくTVアニメ「ひぐらしのなく頃に」の第2期・続編として製作され、前編と同様、同タイトルの同人ゲームを原作としております。

前編は問題、後編は解答となっているミステリー仕立てなのですが、ストーリや謎掛けもさることながら、各キャラクタのインパクトや舞台の雰囲気、ゲームという体裁でありながら選択肢がないサウンドノベルで話題となり、アニメ化されました。

TVアニメ「ひぐらしのなく頃に」、「ひぐらしのなく頃に解」ともにオープニングテーマは音楽集団I'veが作曲し、島みやえい子が歌っております。

「ひぐらしのなく頃に」のオープニングテーマ「ひぐらしのなく頃に」は、アニメ本編の恐怖感や怪しい気配をよく表した名曲であったと思います。また、こうした背景から、「奈落の花」は「ひぐらしのなく頃に」と切り離して考えがたいものだと思います。

 

さて、今回の「奈落の花」ですが、怪しさは健在ですが、恐怖感は薄くなったと思います。そのかわりに、むしろ希望、救われてほしいという願いを感じます。

歌詞には現状である奈落、悲しみの輪廻を断ち切ってほしい、という願いが綴られています。また、歌詞自体もさることながら、島みやえい子さんの力強い歌声がさらに効果的に歌い上げていると思います。

ただし、曲中にてその願いが叶うかは未定です。第一、その輪廻はカルマ(業)による運命であり、そこから抜け出すというのは容易ではないでしょう。しかし、この「願い」があればいつかなし得る、逆に願いを持たず諦めたら絶対になし得ないでしょう。その点で「願い」自体に意味があり、必要なのではないでしょうか。

曲自体の質はもちろんのこと、この曲のテーマは解決編である「ひぐらしのなく頃に解」のオープニングテーマとしてもマッチしており、非常に良い曲であると思います。

カテゴリ

タグ

関連記事

  1. I've in BUDOKAN 2009チケットを購入
  2. 川田まみ:JOINT
  3. eufonius/茶太:メグメル/だんご大家族
  4. KOTOKO:七転八起☆至上主義!
  5. MELL:Virgin's High!/kicks!
  6. Logicシリーズ新版発表
  7. iPod touch発表

トラックバック

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 島みやえい子:奈落の花

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.memorize-being.net/x/mt-engine/mt-tb.cgi/10

コメントする

このブログ記事について

このページは、cottonが2007年9月 3日 13:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なんかきたッ!」です。

次のブログ記事は「ドメインゲットっ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1
Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid CSS!
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード