2007年9月 8日 22:19

iPod touch発表

このエントリーを含むはてなブックマーク

現地時間9月5日。出ました、iPod新シリーズ。その中でも最注目株が"iPod touch"です。

発表は木曜日時点で知っていたのですが記事化は控えておりました。しかし、堪えきれなくなりまして・・・(笑)

iPod新シリーズやiPod touchの概要は公式であるこちらこちらへ譲りますが、ここでは革新とも言うべきiPod touchについて述べてみたいと思います。

やはり既存のiPodらとiPod touchが決定的に違う点、それは入力インタフェースであります。既に米国内で発売されているiPhoneのマルチタッチインタフェースを踏襲した形です。まあもっとも、iPod touchは電話機能のないiPhoneのようなもんですが。

今までのiPodシリーズは直系では初代から全て、およびminiやnanoの分派においても、仕組みや形は変わりつつも「前へ」、「メニュー」、「再生」、「次へ」のボタンとホイールが搭載されていました。shuffleはその限りではありませんが、ボタン群を円形に配置しておりiPodのホイールを連想させました。

逆に、あの全体に対し大きく配されたホイールこそが、iPodのアイデンティティとも言えました。明確なソースはありませんが、ホイールによる楽曲へのアクセシビリティがiPodの売り上げに少なからず貢献したのではないでしょうか。

そこへきてiPod touchへ立ち戻ると、これはiPodの名を冠してはいるものの、もはや今までのiPod直系ではないと感じます。ハードウェア面だけではなくソフトウェア面を見ても、もちろん音楽プレーヤ機能はありますが、Wi-FiおよびSafariを搭載し、もはや単なるオーディオプレーヤではありません。

もっとも、音楽プレーヤ機能から拡張されたのは今回始まったことではありません。iPod Photoよりカラーディスプレイと写真閲覧機能を、iPod Videoでは動画再生機能を得ています。

これらを鑑みるに、iPodは「ポータブルプレーヤ」から「ポータブルデバイス」へと変貌を遂げようとしています。かつ、これは緩やかに進められ、iPod touchは一つの区切りを意味しているのではないかと思うのです。

なぜそう思うか、それこそがインタフェース変更による旧型系列からの決別です。これは大きなインパクトとともに、新たなiPodの世代を暗示しているのではないかと思うのです。

iPod史の第一転換期であろうiPod touch、これは意味自体もさることながら価値のあるものではないでしょうか。

もっとも、個人的に第3世代iPodからそろそろ変えたい!という思いもあるわけですが。(笑)

2007/09/14加筆訂正

「ソフトウェアキーボードによるPIMも可能になったことから」と記述していましたが、iPod touchではスケジュールの閲覧は可能なようですが、記入は不可能のようです。(情報源:ASCII.jp 新ラインナップに"iPod"の真髄を見た(中編))したがって、何かを生み出す生産ではなく何かを楽しむ消費、閲覧専用の端末と見た方が良さそうです。しかしその中でも、マルチコンテンツの道へ進んでいるのは間違えないかと思います。

カテゴリ

タグ

関連記事

  1. I've in BUDOKAN 2009チケットを購入
  2. EMOBILEがまともになりました。
  3. デザインリニューアル+もろもろ
  4. 北海道の僻地でEMOBILEが叫ぶ
  5. 遅ればせながらHabu Laser Game Mouse購入
  6. あどえすことはじめ。
  7. Mac OS X 10.5 "Leopard"入った!
  8. Mac OS X 10.5 "Leopard"がキタッ!
  9. Mac OS X 10.5 "Leopard"発売
  10. Mac OS X 10.5 "Leopard"予約
  11. "Releases"追加
  12. STGゲーム製作中...っ
  13. Logicシリーズ新版発表
  14. メニューおよびMovable Type 4のウェブページ機能
  15. ドメインゲットっ!

トラックバック

このブログ記事を参照しているブログ一覧: iPod touch発表

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.memorize-being.net/x/mt-engine/mt-tb.cgi/14

コメントする

このブログ記事について

このページは、cottonが2007年9月 8日 22:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メニューおよびMovable Type 4のウェブページ機能」です。

次のブログ記事は「Logicシリーズ新版発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1
Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid CSS!
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード