2007年9月29日 20:42

MELL:Virgin's High!/kicks!

このエントリーを含むはてなブックマーク

Amazon.co.jpで予約していた、9月26日に発売されたMELLのシングル「Virgin's High!/kicks!」が先日届きました。

このCDの2曲のうち、「Virgin's High!」はTVアニメ「スカイガールズ」オープニングテーマとなっております。このアニメは見たことが無いのですが、少女らが戦っていくお話と伺っています。

さて、MELLさんの歌っている楽曲には力強い歌唱のものと、メロディアスなバラード的なものがあると思います。そのなかでもこの「Virgin's High!」および「kicks!」はどちらも、MELLさんの力強い歌唱が現れています。

初めに「Virgin's High!」についてです。この曲にはハードな曲調、および爽やかな疾走感が共存したような印象を受けます。特にサビの走りようは一聴の価値ありと感じます。彼女の声を中心に、背景の演奏がさらに引き立てています。

また、歌詞では心を決め何かを成そうとする、まさに歌唱に感じたような力強さがあります。恐らくアニメ中の少女らの戦いへ対する覚悟を表現しているのだと思いますが、オープニングテーマとして十二分に適した仕上がりだと感じます。

次に「kicks!」です。作曲編曲がI'veの高瀬一矢氏ということで、編曲にはいわゆる「高瀬節」が存分に現れています。シンセサイザーによる重めなエレクトロニクスといった感じでしょうか。

こちらでは「Virgin's High!」で感じた疾走感のようなものはあまり無く、むしろダークな曲・詞であると感じます。両曲とも覚悟を決め立ち向かう、といった感じですが前者は希望・楽観的なのに対し後者は絶望・悲観的な印象です。

同様のテーマに対しこの曲調の差は、注目点の差ではないかと思います。「Virgin's High!」では「立ち向かう」ことへ、「kicks!」では「(失う)覚悟を決める」ことへ主眼を置いているのではないでしょうか。

同様かつ異様なこの2曲はまさに両A面のシングルCDへぴったりであるのだと感じます。また、これを組み合わせた製作陣には脱帽です。

余談ですが、今回僕は初回版を購入したのですが、初回版特典のPV、なぜセーラー服が現れるのでしょうか…(笑)

カテゴリ

タグ

関連記事

  1. I've in BUDOKAN 2009チケットを購入
  2. 川田まみ:JOINT
  3. eufonius/茶太:メグメル/だんご大家族
  4. KOTOKO:七転八起☆至上主義!
  5. Logicシリーズ新版発表
  6. iPod touch発表
  7. 島みやえい子:奈落の花

トラックバック

このブログ記事を参照しているブログ一覧: MELL:Virgin's High!/kicks!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.memorize-being.net/x/mt-engine/mt-tb.cgi/19

コメントする

このブログ記事について

このページは、cottonが2007年9月29日 20:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「STGゲーム製作中...っ」です。

次のブログ記事は「岡山県初上陸(そして舞台はプロコンへ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1
Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid CSS!
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード