2007年11月15日 20:40

"Releases"ライブラリ類を64bits対応へ

このエントリーを含むはてなブックマーク

祝!Mac OS X、64ビット対応!ということで64ビット対応させてみました。もちろんLeopard専用ですが。

x86_64の場合、一般的にはレジスタ長が長くなった分だけ同時計算量が多くなりパフォーマンスが向上します。ただし、今回のリリースはビルド出力を64ビット/32ビット、PowerPC/IntelのFat Binaryにしただけで、人的な64ビットへの最適化は全く行っていません。現状でパフォーマンスがどの程度改善されるかは測定していませんし、正直未知数です。

しかも、現状のCore 2 Duo等のCore MA(Micro Architecture)では64ビットに弱いらしいということは、ひょっとすると性能低下すらあり得ます。PCと違い特に64ビット対応Intel Macでは全てCore MAのプロセッサですので、益々コンディションは悪いということになります。

なので、現状では64ビットを必要とするアプリケーションのリンク用と捉えていただきたいと思います。アドレス長の差により、64ビットアプリケーションをビルドする際、スタティック・ダイナミックを問わずライブラリも64ビットである必要があるためです。

しかし、性能低下は現状のアーキテクチャであるから生じているものです。明確な情報ではありませんが、Intelの今後登場予定のプロセッサ、コードネーム"Nehalem"では64ビット回りも改善されるという噂です。64ビットへの移行は、今後じわじわ効いてくるのではないでしょうか。

また、上記は命令実行パフォーマンスについてですが、メモリ空間の拡張という面ではもちろん有効です。32ビットアドレス空間では足りないようなメモリを潤沢に使う場合には否応なく64ビットのバイナリを使うべきでしょう。

カテゴリ

タグ

関連記事

  1. OpenCL 1.0 仕様書が公開
  2. OpenGLのカメラ位置行列の計算
  3. OpenCL(!)はスタンダードとなるか
  4. UNIX(Mac OS X)におけるFlex 3 SDKによるAIRプログラミング 環境設定
  5. OpenALの仕様書を翻訳してみた。
  6. iPhone SDKがβ版でついに登場
  7. Flex、AIRへの導入
  8. iPhone, iPod touch用ソフトウェアSDKを来春公開へ

トラックバック

このブログ記事を参照しているブログ一覧: "Releases"ライブラリ類を64bits対応へ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.memorize-being.net/x/mt-engine/mt-tb.cgi/30

コメントする

このブログ記事について

このページは、cottonが2007年11月15日 20:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「eufonius/茶太:メグメル/だんご大家族」です。

次のブログ記事は「川田まみ:JOINT」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1
Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid CSS!
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード