2008年1月26日 12:37

Visual Studio 2008 パッケージ発売が2週間を切った

このエントリーを含むはてなブックマーク

ついに出ます、久々の新版Visual Studio。買おうかなぁ...

Visual StudioはMicrosoftによるWindowsの統合開発スイートで、Windows界隈のプログラミングでは絶大な影響力を誇っています。

かくいう僕も関連製品を所持していますが、学校の備品で使用させてもらっているVisual C++ .net 2003 Standard Editionはともかく、私物ではVisual Basic 6.0 Professional EditionやVisual C++ 6.0 Standard Editionと、もはや時代遅れも良いところで、そろそろ刷新したいなと思っています。

しかもアカデミック割引があり、学生の僕ならばVisual Studio 2008 Professional Editionが128,000円から12,800円になります。この値段は発売予定のVisual Studio 2008で最も安いStandard Editionの29,800円よりも安いこととなります。

これだけならば迷わず購入するところなのですが、問題はここからです。単純な.NET/Win32開発を行うだけならば、各開発ツール(Visual Basic, Visual C++, Visual C#, Visual Web Developer)にExpress Editionというエディションが存在します。これは無料でMicrosoftのWebサイトからダウンロードすることが出来ます。

もちろんエディションで差別化されている以上、仕様の差が存在します。例えばOffice開発や単体テスト、WPF(Windows Presentation Foundation)やWCF(Windows Communication Foundation)といった、.NET上の新たなAPI群に対する高度サポートなどです。詳細はhttp://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/products/vs08/compare.aspxをご覧ください。

ですので、これらの差がどの程度重要かを検討しなければなりません。Office開発は必要なのか、WPFやWCFは完全サポートが必要なのか、など観点は様々あります。

僕個人としてはOffice開発は必要ない(というよりOffice自体持っていない)のですが、WPFや単体テスト、あとAdvanced W-ZERO3 [es]持っているのでWindows Mobileも使うかもしれません。

現在のところまだ迷っている段階なのですが、あと2週間、スタートダッシュを決めるならばそろそろ準備が必要そうです。

......余談ですが、12,800円でお買い得にも関わらず迷っているのはiPod touchへ向けて積み立てていた為です...ますます遠のきそうです。

カテゴリ

タグ

関連記事

トラックバック

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Visual Studio 2008 パッケージ発売が2週間を切った

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.memorize-being.net/x/mt-engine/mt-tb.cgi/34

コメントする

このブログ記事について

このページは、cottonが2008年1月26日 12:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「遅ればせながらHabu Laser Game Mouse購入」です。

次のブログ記事は「フォクすけぬいぐるみがもらえる...かも」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1
Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid CSS!
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード