2008年3月 7日 14:02

iPhone SDKがβ版でついに登場

このエントリーを含むはてなブックマーク

現地時間3月6日、このエントリでも予告されていた通り、iPhoneのネイティブアプリケーションを開発するSDKのβ版がリリースされました。

元来は2月末ということでしたが延期され、ついに登場したという形です。

やはり新しいプラットホームというのは面白いし、一応Objective-Cを齧ったこともあるので早速iPhone SDKを入手しようと思ったのですが...

iPhone SDK Download

に、2.1GB!?重すぎる...

試用にはしばらく時間が必要そうです...

カテゴリ

タグ

関連記事

  1. OpenCL 1.0 仕様書が公開
  2. OpenGLのカメラ位置行列の計算
  3. OpenCL(!)はスタンダードとなるか
  4. UNIX(Mac OS X)におけるFlex 3 SDKによるAIRプログラミング 環境設定
  5. OpenALの仕様書を翻訳してみた。
  6. Flex、AIRへの導入
  7. "Releases"ライブラリ類を64bits対応へ
  8. iPhone, iPod touch用ソフトウェアSDKを来春公開へ

トラックバック

このブログ記事を参照しているブログ一覧: iPhone SDKがβ版でついに登場

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.memorize-being.net/x/mt-engine/mt-tb.cgi/41

コメントする

このブログ記事について

このページは、cottonが2008年3月 7日 14:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Flex 3で直接Spriteを使用することはできない?」です。

次のブログ記事は「だめげーのエイプリルフール'08」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1
Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid CSS!
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード