2008年12月10日 20:21

OpenCL 1.0 仕様書が公開

このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年12月9日、ついにKhronos GroupからOpenCL(Open Computing Language)1.0の仕様書が公開されました。(プレスリリース:http://www.khronos.org/news/press/releases/the_khronos_group_releases_opencl_1.0_specification/

以前取り上げていたOpenCLの仕様書がようやく公開されました。KhronosにおけるOpenCLのサイトはhttp://www.khronos.org/opencl/に、仕様書(PDF)はhttp://www.khronos.org/registry/cl/specs/opencl-1.0.29.pdfにあります。

302ページにも及ぶ巨大文書ですので、把握し切れていないのですが、これを元に以前から公開されていたスライド(http://www.khronos.org/opencl/presentations/OpenCL_Summary_Nov08.pdf)のサンプルコードを読んでみたいと思います。

また、仕様書やスライドをざっと見る限りOpenGLとの連携が重視されているようで、OpenGLにおけるテクスチャやレンダバッファを扱うことができそうです(cl_gl.h)。また、仕様書の6.1.3ではimage2d_tやimage3d_tなど2次元/3次元イメージを示す組み込み型も用意していることが示されています。

現状、予定されているOpenCL実装はMac OS X 1.6 Snow Leopardのみで、他システムサポートは未定です。しかし各OS,グラフィックスチップメーカが対応を進めれば、OpenCLとOpenGLでプラットフォーム独立のGPGPU環境、および可視化環境が出来るのではないでしょうか。

カテゴリ

タグ

関連記事

  1. OpenCL概要:ホストとデバイス、カーネルについて
  2. OpenCL(!)はスタンダードとなるか

トラックバック

このブログ記事を参照しているブログ一覧: OpenCL 1.0 仕様書が公開

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.memorize-being.net/x/mt-engine/mt-tb.cgi/51

コメントする

このブログ記事について

このページは、cottonが2008年12月10日 20:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「I've in BUDOKAN 2009チケットを購入」です。

次のブログ記事は「OpenCL概要:ホストとデバイス、カーネルについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1
Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid CSS!
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード