2009年7月 5日 18:11

デジカメ購入

このエントリーを含むはてなブックマーク

お久しぶりです。生きています。初のデジカメを購入しました。シグマDP2です。

コンパクトデジカメで焦点距離24.2mm F2.8の標準レンズを搭載し、RAW撮影にも対応しています。(仕様はhttp://www.sigma-dp.com/DP2/jp/specification.html

仕様を見ると、このカメラは他と比べあまりよいものに見えづらいです。カメラ性能の指標ともなる『画素数』や『光学ズーム』、『手ぶれ補正』などの機能が劣っており、また、仕様からは分からないものの、オートフォーカス合焦時間、画像記録時間も他に比べ長いと言われています(僕は他を余りよく知らないので何とも言えませんが...。)

このカメラの、最大の特長はFoveon X3というイメージセンサでしょう。Foveon X3センサは1ピクセルでRGB三色を同時にセンシング出来、またその面積は一眼レフに近い大きさです。

っと書いてみましたが僕はカメラ・光学は素人なので...とりあえず撮影してみた写真を掲載しておこうと思います。

Green field Statue

このカメラの面白い所は、むしろシンプルな機能である所だと思います。携帯電話付属のカメラなどではAE当たり前、オートフォーカスあるいはパンフォーカス、ととても撮りやすくはありますが、あまり撮像そのものを意識する機会が少なかったように思います。一方DP2では(上級機では当たり前なのかもしれませんが)、絞り(F値)と露出補正値を元にシャッタースピードが決まる絞り優先AE、シャッタースピードと露出補正値を元に絞りが決まるシャッター優先AE、ひいてはマニュアル露出と、『絞りとシャッターによる露光』を意識することができます。また、オートフォーカスのみならずマニュアルフォーカスも可能で、意図的なピント調節がダイアルで出来るというのもかえって面白いと感じました。

個人的には、工夫と手間次第で色々な表現が出来そうなカメラだと感じています。あとは写真の腕と表現センスを、ですね...

カテゴリ

タグ

関連記事

トラックバック

このブログ記事を参照しているブログ一覧: デジカメ購入

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.memorize-being.net/x/mt-engine/mt-tb.cgi/54

コメントする

このブログ記事について

このページは、cottonが2009年7月 5日 18:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「IMKitでSocial IMEのMac版を作ろうとしてた」です。

次のブログ記事は「Intel Mac版BOINCでCUDAを有効にする」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1
Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid CSS!
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード