2010年2月23日 20:24

FreeBSD 8.0-RELEASEのZFSブートでハマる

このエントリーを含むはてなブックマーク

このたび、ホームサーバ用にとIntel Atom D510搭載のマザーボードIntel D510MOを購入し、ZFS上にFreeBSDを導入しました。そのときのトラブルおよび解決法をメモしておきます。

大凡のインストール法はFreeBSD 8.0RC2 amd64 pure ZFS install - PukiWikiの通りで、また別のマザー(MSI K9A2 Platinum)ではうまくいったのですが、D510MOでは、再起動後

No bootable device -- insert boot disk and press any key

と出てブートできない事態が発生しました。

当初gpartコマンドのbootcodeサブコマンドがうまくいかなかったのかと思いFixitで再試行しましたが結果はかわらず。

調べてみると、google groupの投稿に同様の問題のスレッドがありました。Problem Reportによると、EFI以外の環境(BIOS)でのGPTパーティショニングの場合、旧来のMBRパーティションテーブル(いわゆる基本パーティション)でラップされるため、MBRパーティションテーブルで、該当するエントリをアクティブにせねばならないとのことです。

よってMBR専用パーティショニングツールfdiskを使って、

# fdisk -a ad4(ドライブジオメトリがad4の場合)

により、該当パーティション(EFI GPT)をアクティブにします。なお、私の場合memstick.imgを使ったのですがデフォルトではgeom_mbr.koが読み込まれていなかったようなので、/dist chroot下で、

# geom mbr load

を実行、上記fdiskを実行しました。

fdiskによると"Geom: not found "ad4""のような旨のメッセージが現れましたが、無視して再起動すると、無事インストールしたハードディスクからブート出来ました。

カテゴリ

タグ

関連記事

  1. Intel Mac版BOINCでCUDAを有効にする

トラックバック

このブログ記事を参照しているブログ一覧: FreeBSD 8.0-RELEASEのZFSブートでハマる

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.memorize-being.net/x/mt-engine/mt-tb.cgi/56

コメントする

このブログ記事について

このページは、cottonが2010年2月23日 20:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Intel Mac版BOINCでCUDAを有効にする」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1
Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid CSS!
Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード