OpenAL 1.1 Specification and Reference

—仕様書およびリファレンス—

これは「OpenAL 1.1 仕様書およびリファレンス」です。この文書は2000年6月に発行された、旧版である「OpenAL1.0 仕様書およびリファレンス」を元にしています。以下に双方の版権情報を示します。

Version 1.1
Published June 2005
Copyright © 2005 by authors
Version 1.0 Draft Edition
Published June 2000
Copyright © 1999-2000 by Loki Software

全コピーに版権情報およびこの許可表示を持たせるならば、このマニュアルの原文ママのコピーを作り、配布する事が可能です。

上記条件に従った改変版について、このマニュアルを他言語に翻訳しコピー、配布する事が可能です。(この文言が版権保持者に認められた訳文中で定められていなければ)

訳者より

以下に日本語翻訳版の版権情報を示します。

Version 1.1 Japanese translated Edition
Copyright © 2008 by cotton <admin@memorize-being.net> http://www.memorize-being.net/

改訂履歴

第1版
2008年4月27日 発行
目次・第1章の翻訳。
第2版
2008年5月2日 発行
第2章の翻訳。
第3版
2008年5月11日 発行
第3章の翻訳。
第4版
2008年5月14日 発行
第4章の翻訳。
第5版
2008年5月25日 発行
第5章の翻訳。
第6版
2008年8月11日 発行
第6章、第7章、第8章、第9章の翻訳。

この文書はOpenAL 1.1 Specification and Referenceを個人的に翻訳したものです。完全に非公式です。原文の権利条項を継承しています。

また、この文書は(自分含め)OpenALへの理解を深める為に作成しましたが、意訳も含んでおりますので、原文と訳文との間で内容の完全性を保証出来ません

もちろん誤訳や誤解が無いよう務めておりますが、この文書を参照した為に生じた損失に対し一切の責任を負いません。厳密さが要求される場合には原文の方を参照くださるようお願い致します。

目次

  1. Introduction(イントロダクション)
    1. Revision History, 1.1 Document(バージョン1.1での改訂履歴)
    2. A Brief History of OpenAL(OpenALの略歴)
    3. What Is the OpenAL Audio System?(OpenALオーディオシステムとは何か?)
    4. Differences Between OpenAL 1.1 and OpenAL 1.0(OpenAL 1.0とOpenAL 1.1との違い)
      1. Recording API(録音用API)
      2. Get/Set Offset(バイトオフセットの取得/設定)
      3. Linear Distance Models(線形距離モデル)
      4. Exponential Distance Models(指数距離モデル)
      5. Doppler(ドップラー効果)
      6. Mono/Stereo Hints(モノラル/ステレオソースに関するヒント情報の追加)
      7. Standard Extensions Listings(標準のエクステンションリスト表示機構の追加)
      8. Standard Suspend/Process Behavior(標準のサスペンド機構の追加)
      9. ALUT Revisions(ALUTの改訂)
      10. Streaming Clarifications(ストリーミングについての解説)
      11. Error Codes(エラーコードの見直し)
      12. Pitch Shifting Limits(ピッチシフトの限界値の変更)
      13. New ALchar and ALCchar types(ALchar型およびALCchar型の追加)
      14. alcCloseDevice Return Value(alcCloseDevice関数の戻り値の変更)
      15. Versioning Changes(バージョン定数の変更)
    5. Programmer's View of OpenAL(プログラマ視点からみたOpenAL)
    6. Implementor's View of OpenAL(実装者視点からみたOpenAL)
    7. Our View(我々の視点)
    8. Requirements, Conformance and Extensions(実装に関する要求・準拠・拡張について)
    9. Architecture Review and Acknowledgments(アーキテクチャ審議と謝辞)
  2. OpenAL Operation(OpenALを操作する)
    1. OpenAL Fundamentals(OpenALの基礎)
    2. Primitive Types(プリミティブ型)
    3. Floating-Point Computation(浮動小数点演算)
    4. AL State(ステート)
    5. AL Command Syntax(コマンド構文)
    6. Basic AL Operation(基本の操作)
    7. AL Errors(エラー処理)
    8. Controlling AL Execution(実行の制御)
    9. Object Paradigm(オブジェクトという枠組み)
      1. Object Categories(オブジェクトの分類)
    10. Static vs. Dynamic Objects(静的オブジェクトと動的オブジェクト)
    11. Object Names(オブジェクトの『ネーム』)
    12. Requesting Object Names(オブジェクトネームを要求する)
    13. Releasing Object Names(オブジェクトネームを開放する)
    14. Validating Object Names(オブジェクトネームを検証する)
    15. Setting Object Attributes(オブジェクト属性の設定)
    16. Querying Object Attributes(オブジェクト属性の取得)
    17. Object Attributes(オブジェクトの属性について)
  3. State and State Requests(ステートとその操作)
    1. Querying OpenAL State(ステートの取得)
      1. Simple Queries(シンプルな取得)
      2. String Queries(文字列の取得)
    2. Time and Frequency(時間と周波数について)
    3. Space and Distance(空間と距離について)
    4. Attenuation By Distance(距離による減衰)
      1. Inverse Distance Rolloff Model(反比例距離ロールオフモデル)
      2. Inverse Distance Clamped Model(反比例距離固定モデル)
      3. Linear Distance Rolloff Model(線形距離ロールオフモデル)
      4. Linear Distance Clamped Model(線形距離固定モデル)
      5. Exponential Distance Rolloff Model(指数距離ロールオフモデル)
      6. Exponential Distance Clamped Model(指数距離固定モデル)
    5. Evaluation of Gain/Attenuation Related State(増幅・減衰に関係するステート)
      1. No Culling By Distance(距離によるソースの選択について)
      2. Velocity Dependent Doppler Effect(速度依存のドップラー効果)
  4. Listener and Sources(リスナとソース)
    1. Basic Listener and Source Attributes(基本的な属性)
    2. Listener Object(リスナオブジェクト)
      1. Listener Attributes(属性)
      2. Changing Listener Attributes(属性の変更)
      3. Querying Listener Attributes(属性の取得)
    3. Source Objects(ソースオブジェクト)
      1. Managing Source Names(ソースネームの管理)
        1. Requesting a Source Name(ソースネームを要求する)
        2. Releasing Source Name(ソースネームを開放する)
        3. Validating Source Name(ソースネームを検証する)
      2. Source Attributes(属性)
        1. Source Positioning(位置座標)
        2. Source Type(種類)
        3. Buffer Looping(バッファ内ループ)
        4. Current Buffer(現在のバッファ)
        5. Queue State Queries(キュー状態の取得)
        6. Bounds on Gain(増幅度の制限)
        7. Distance Model Attributes(距離モデルに関する属性)
        8. Frequency Shift by Pitch(ピッチによる周波数シフト)
        9. Direction and Cone(方向・音源コーン)
        10. Offset(オフセット)
      3. Changing Source Attributes(属性の変更)
      4. Querying Source Attributes(属性の取得)
      5. Queuing Buffers with a Source(キューにバッファを追加する)
        1. Queuing Command(エンキューコマンド)
        2. Unqueuing Command(デキューコマンド)
      6. Managing Source Execution(ソース実行の管理)
        1. Source State Query(ソースステートを取得する)
        2. State Transition Commands(ステート遷移コマンド群)
        3. Resetting Configuration(設定のリセット)
  5. Buffers(バッファ)
    1. Buffer States(ステート)
    2. Managing Buffer Names(バッファネームの管理)
      1. Requesting Buffers Names(バッファネームを要求する)
      2. Releasing Buffers Names(バッファネームを解放する)
      3. Validating Buffers Names(バッファネームを検証する)
    3. Manipulating Buffer Attributes(バッファ属性を扱う)
      1. Buffer Attributes(属性)
      2. Changing Buffer Attributes(属性の変更)
      3. Querying Buffer Attributes(属性の取得)
      4. Specifying Buffer Content(バッファの内容を設定する)
  6. AL Contexts and the ALC API(ALコンテキストとALC API)
    1. Managing Devices(デバイスの管理)
      1. Connecting to a Device(デバイスへ接続する)
      2. Disconnecting from a Device(デバイスから切断する)
    2. Managing Rendering Contexts(レンダリングコンテキストの管理)
      1. Context Attributes(属性)
      2. Creating a Context(生成する)
      3. Selecting a Context for Operation(操作に使うコンテキストを選択する)
      4. Initiate Context Processing(初期化処理)
      5. Suspend Context Processing(サスペンド処理)
      6. Destroying a Context(破棄する)
    3. ALC Queries(ALC問い合わせ)
      1. Query for Current Context(現在のコンテキストを取得する)
      2. Query for a Context's Device(コンテキストがもつデバイスを取得する)
      3. Query For Extensions(エクステンションを取得する)
      4. Query for Function Entry Addresses(関数のエントリポイントを取得する)
      5. Retrieving Enumeration Values(列挙子を取得する)
      6. Query for Error Conditions(エラーの状態を取得する)
      7. String Query(文字列による取得)
      8. Integer Query(整数による取得)
    4. Shared Objects(共有オブジェクト)
      1. Shared Buffers(共有バッファ)
      2. Capture(キャプチャ)
        1. Procedures and Functions(プロシージャ・関数)
        2. Tokens(トークン)
        3. Audio capture(オーディオのキャプチャ)
  7. Appendix: Extensions(付録:エクステンションについて)
    1. Extension Query(エクステンションを取得する)
    2. Retrieving Function Entry Addresses(関数のエントリポイントを取得する)
    3. Retrieving Enumeration Values(列挙子を取得する)
  8. Appendix: Extension Process(付録:エクステンションの採用について)
  9. Appendix: 1.0-Compatible Extensions(付録:OpenAL 1.0の互換エクステンション)
    1. ALC_EXT_CAPTURE
    2. AL_EXT_OFFSET
    3. AL_EXT_LINEAR_DISTANCE
    4. AL_EXT_EXPONENT_DISTANCE
    5. ALC_ENUMERATION_EXT